T

日記

日記や短文です。
日付は、下がいちばん新しいもの。



全体に休む、というモードで、のんびり過ごしています…。
すごくいいです。




[2005年9月中旬]


9月11日(日)

昨日だらだらしてたので罪悪感があったのか、
体調はまあまあぐらいだったのだが、
まったくふいに本格的な風呂掃除を始めてしまう。
(私の掃除って、いつも突然スイッチが入る)

日頃こまめにしてない分、ぐわ〜っと。カビ取り剤も。
ずっと見てみないふりをしていた換気扇の中には、
ものすごいほこりが詰まっていた。ごお〜。
まず割り箸でこそげおとすと、
けっこう楽にかたまりが落ちてきて気持ちよかった。
(なんかテレビでこういう掃除法、やってた)
こんなんでよく回っていてくれたなあ、と換気扇に感謝…。

必死にやりおえた夕方に、くにぞうが帰宅したので、
風呂を見せてほめてもらう。
そこから雨の中、ふたりで選挙に。
傘さして、近所の小学校の門をくぐっていく。
道々、私がいろいろと妙な政治の質問を発してたので、
くにぞうに「中では何もしゃべらないように」 と言われる(笑)。

雨の体育館は、懐かしい空気がたちこめていた。
傘を傘立てに入れる。
天井が高く、パイプ椅子に係の人が座っている。
くにぞうが券を差し出して、二人分の投票用紙をもらった。
小さかった頃の、そのままの匂いの体育館の中で、
もう私は大人になっていて、夫婦で投票している。
ふと自分が大人だということが空想のような、
異空間に迷い込んだような、不思議な気持ちがした。
この風景をたぶん、ずっと後まで覚えている気がする。
うまく言えないけど、そういう時が時々ある。
甘い匂いがするような、時間、空間。

そこから少し遠い和食のお店に。
展覧会が終わったので、ゆっくりする。
ひと仕事終わる、という幸福。
だから、みんな力を尽くすのだろう。





9月12日(月)

冷えとりのことで、女性誌「Oggi」の取材を受ける。ありがとうございます。
(ちょうど今の12月号に掲載されてます)

そこからカワハラ、くまちゃんと合流して、いくつかの展覧会へ。
しかし昨日、体調がまあまあなのに、ぐわーと掃除したり、
カビ取り剤の塩素を吸い込んだり、
(冷えとりしてから、年々こういうのに
かなり即、敏感に体が反応するように思います。
防虫剤などでも頭や喉が痛くなるので、薬的じゃないものを探し、検討中…。
まあ、体が早く出そうとしているということで、全体的には感謝 )
で、なんか今日は頭がぼおー、体調がふらーっとしている。
なので、拝見した後、すぐ別れて帰宅。

家では私が遅く帰ると思ってたくにぞうが、
「どうしたの?」とびっくり。事情を話す。
くにぞうは、ちょうど台所で 「おからサラダ」というものをつくっていた。
料理の本に載っていたのだって。
おからに胡瓜、ニンジン、玉ネギの生みじん切りを混ぜて、
マヨネーズで和えるもの。つくりながら、
「今度驚かそうと思ってたのに」 と言ってたので、ちょっと感動…。
一口もらったら、すごくおいしかった。
風呂に入り、楽健法で踏んでもらって、早く寝る。







9月13日(火)

昼まで寝て、また半身浴したら、なんかよくなってた。
冷えとりすると、こういうふうに小出しにいろいろ出てくるけど、
ちょっと養生するとすぐ回復して、
10年前みたいにどーんと風邪で寝込んだり、
薬を飲んだり、は全然ないので、とてもありがたい。

午後、HP作業。
夜、「電車男」を3話分見て泣く。
途中からはまって録ったので、最初から見ればよかったと思う。
伊藤君の純朴な感じにすごく引かれる。
エルメスたんも、あんな人がほんとにいたら、すばらしいと思う。
そして主題歌は、昔好きだったELOの「トワイライト」〜! いいよね〜。






9月15日(木)

今週はずっと、よく言えば、のんびり。
悪く言えば、だらだら、過ごしている。
すごい、いい感じだ。
私も22歳から広告の会社で、
フリーになっても、ずっとがーっと働いてきて、
少し次の人生のために、休みをとりたくなった。
今は、こういうふうにいたい。

夜は、キャベツとベーコンの蒸し煮、おからサラダの残り、
ぬか漬け、みそ汁など。





9月17日(土)

久々にふらっと、ひとりで散歩。
サンドイッチとカフェオレを買い、
近くの大学まで歩いて、構内のベンチで食べる。
サークルに自転車で来た大学生が、仲間に出会って
「先輩、来てた?」とか話している。
それぞれ悩みはあるんだろうけど、
大学生特有ののびのびした感じって、いいなあと思う。
まだ社会の重い何かがくっついてない人間。
私もその頃はそうだったと思って、ニヤニヤする。

でも振り返ってみても、あんまりやり直したいことはないかも。
人生のどの時代の自分も、わりに好き。
(そっから戻ってもう1回やるのもたいへんだし)
叶わなかったことも多々あるが、
「思い残すことなく」っていうことが、 好きなのだろう。
でも上には上がいて、その人はもっとすごい人生を歩んでいるはずだ。

みなさんも、思い残すことなく、いってください。

でも、それでも、ちがう道になった悲しみの中にも、
いい面が隠れてて、
そこにも、そこだけにしかない宝石があると思います。


















近所の団地の中に、まだ古い花壇が残っていて、
雑然とした秋色の美しさになっていた。






9月18日(日)

広告をけっこうやめぎみにしたので、ほんとにゆっくり。
とにかく、まあ今は、
掃除が雑な家をきれいにしようと、今日は洗面所の大掃除。
洗たく機の中も、専用洗剤で。わー、汚いの、出てくるね〜。

そしてたぶんそうかなーと思いつつ、
頭上の換気扇を開けたら、デジャビュのように
先日風呂場で見たのと同じほこりの塊が…(笑)。
「お前もか…」ってことで、またがんがん掃除。
まー、ちょっと疲れますけど、
きれいになると、ほんと晴れ晴れとした気持ちになるねー。

冷えとりの世界でも、ことさら運動を必死にするより、
家の中の掃除などをおっくうがらずにどんどんすれば、
かなり体も動いて、冷えも取れやすくなるし、
家もきれいになって、一挙両得とも言われています。
(運動がいけないわけではなく)
私はそういう努力が足りないと思うので、今、掃除をがんばりたい。


 

夜は、さんま、ピーマンと豚肉炒め、ぬか漬けなど。





9月19日(月)


友達のWちゃんにもらった五穀を入れて、ご飯を炊く。
(この夏、冷房で冷えてしまってから、冷えとりを始めた友達)
前にももらったけど、すごくおいしい。
あと納豆、鮭でお昼ご飯。

午後くにぞうと府中競馬場へ。
月曜なのに、盛岡のダービーグランプリがあるというので。
売り場が内馬場にしかないので、長い通路を通っていく。
「これ知らない人、あせるだろうね」と言っていたら、
絵に書いたように、千円札を手に持って、
猛ダッシュで走っていく男の人がいた。

パドックを見たら、武君の馬が断然ぽかったので、単勝を。
強かったです〜。1着、カネヒキリ。
外に出て、内馬場からコースを見ると、
正面に背の高い、広いスタンドが見え、
美しい緑の芝のコースがすーっとどこまでも伸びている。
左手には沈みかけた太陽が、雲の中にけむっている。
柵にもたれて、しばらくぼーっとする。
生きていて、ふたりで、この風景の中にいられてよかった。


そこから、少しずつお料理がコースで出るおそば屋さんへ。
前に2回程行ったのだが、それぞれの肴に工夫があって、
どれも驚くほどおいしいものが、少しずつ。
(今日はサーモンの小さなお鮨や、ずんだ入りのおそばなどもあった)
調理場を見ると、てきぱきと無言で働くここの息子さんが見える。
一度運んでこられた時に、「ほんとおいしいですね」 と言うと、
照れ臭そうに「ありがとうございます」 と言われて、すぐ戻られた。
「ここの人、働いてる顔がみんないいんだよね」 と感動ぎみのくにぞう。

そして和のコースなのに最後は、
意外にも「赤ピーマンのムース」だった! おいし〜(泣)
出口のほうへ進みつつ、調理場に会釈すると、
息子さんがにっこりした顔で頭を下げられていた。
会計はお母さん。「赤ピーマンのとか、ほんとにびっくりです…」と
喋ってたら、そういう斬新なものに不安があるのか、
「大丈夫でしたか?」と心配そう。
「いや、ほんとどれもすばらしいですよ。いい息子さんですね…」
と喋りつつ、なんでだか感極まってるくにぞう。
会計をすませて外に出たら、先を歩いていたのだけど、
これ絶対泣いてるわ、と思って顔をのぞきこむと、
ほんとに涙ぐんでいた(笑)。

「あの、料理に対するこころざしの高さが、もう…。
あんな息子いたら嬉しいよ、お母さん…」 とか、
勝手にあれこれ語っていたが、とにかくティッシュで鼻をかませた。
そば食べて泣くってどうよ、と思うが、こんな人でよかった。






9月20日(火)

お昼は、みそ汁、ごはん、鮭。そしてバナナ。
果物は冷えとりをはじめて、年々ほんとに少なくなった。
食べても、季節のものを少しだけ。
バナナを買うのは、すごくひさしぶりだ。
よく果物食べすぎると、背中が寒ーくなったり、
喉や頭が痛くなったりするが、今日は大丈夫だった。
(大丈夫だからいいってわけではなくて、
誘惑に負けてる私の弱いとこなんだけど)
まあ、たまにちょこっとだけ、ということで。 徐々に、徐々に。

夜、映画「黄泉がえり」をテレビでやっていた。
もう公開時に見てたのだが、また途中からつい見てしまう。
兄ちゃんとのキャッチボールで、やはり号泣。
あの兄ちゃん役の若い人、ほんとすばらしい…。極楽、山本さんも。
最後の剛君の「行くな」も、せめてあと数分、って思う。
思いが通じ合えた人と、いつもだらだらと
普通にいられることの、はかりしれない大切さを思う。




05年9月下旬へ  home